便箋にしっかりと言葉を並べて

[ 2014/08/29 ]

日頃、コミュニケーションの手段は電話やメールが主になってきました。確かに、電話やメールは相手の意思をすぐに確認できるというメリットがありますが、その分お手軽な感じがしてしまうのは否めません。

手紙を書くという状況も、昔に比べると減ってきました。いざ、手紙を書こうとすると、何をどう書いたらいいかわからない人もいます。

まず、書く前に、相手に合った便箋を選び、何を伝えたいのか、言葉をしっかり並べていくことが大切です。

メールやラインでは、絵文字やスタンプで絵柄として気持ちを伝えることができますが、手紙では文字を通して思いを伝えます。言葉の持つ力は、字だけでなく、心を動かすことのできる強力なものです。

しっかり、言葉を並べて、便箋に自分の気持ちを綴ることで、確実に相手に伝えることができます。字が下手な場合も、文章がなかなか思いつかない場合も、思っていることをきちんと書くことで、相手の心へ届く手紙が出来上がります。